« 1988皆既日食 | トップページ | paypal日本参入 »

2009/06/16

news:男性専用車両の設置要求

西武電鉄に設けて欲しいと、株主総会で提案される。

J-CAST:「男性専用車両」の設置を株主提案 西武鉄道

これが三度目の提案で、書面投票では47%もの賛成を集めているそうだ。

しかし、誰が乗るのか?

痴漢冤罪を防ぐためにということなのだが、同性愛痴漢の疑いをかけられたらどうなのか?
冤罪のおそれという以上は、自分にその気がなくても間違えられるという点で異性痴漢と全く同じである。

それに、男性ばっかりの車両に乗ってまで用心しなければならないほど、痴漢に間違えられるリスクは高いのか?

イヤまあそういうのに乗りたい人は乗ればよいので、特に問題があるということではないが、深刻な人種差別を経験していないというか無頓着な国ならではの無邪気で平和な一面ということはできよう。

ところで女性専用車の車内テレビ広告は、女性向けの番組が多いのであろうか?

|

« 1988皆既日食 | トップページ | paypal日本参入 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

少なくとも私は東京なら乗りますね。

統計的裏付けがあるわけではありませんが
> 冤罪のおそれという以上は、自分にその気がなくても間違えられるという点で異性痴漢と全く同じである。

実数が全く違うのではないでしょうか...
少なくとも私の経験上、
男性に囲まれていても何も気にしませんが
女性と密接した場合は、強引に体制を変えて
背中を女性側にする、
なるべく両手を上にアピールするくらいのことは
東京の千代田線では常識でした

路線にもよるかもしれませんが...

通勤ラッシュを回避できる勤務先・身分になれたので
関係なくなりましたが
今でも学生時代の北千住~西日暮里間を思い出すと
ぞっとします

投稿: 故元助手A.T.@やっぱ怖いですよ | 2009/06/16 19:59

誤解が生じないようにするというのは、常識でもあり、身を守るため以前に誤解を与える=痴漢にあったような気分にさせることを避けることでもあります。
もちろん人違い冤罪の場合は、この限りでないですが。

で、男性専用車がよいという方はどうぞいって下さいと思いますが、上記記事によれば、必要を感じる男性乗客はあまり多くないと西武は認識しているようですよ。

投稿: 町村 | 2009/06/16 20:35

女性専用車は、法的根拠があって、女性専用車に男性がみだりに立ち入れば、刑事罰もあります。

男性専用車の場合はないですよねぇ。

投稿: kumakuma1967 | 2009/06/17 00:42

昔、痴漢の被害にあったことあるかのアンケートで
かなり(半数以上?)の女性が被害に遭ったと回答していたので
加害者に加害の意図はない事例(嫌な言い方をすれば勘違い事例)ではあるのでしょうね
(もしかしたら加害の意図を持っている人間が本当に多いのかもしれませんが...)
もちろん、勘違いといっても先生のおっしゃるように被害自体(性的不快感)はあるわけで
そこへの対処のためにも
別車両のほうがいいと思うのですけどね...
女性車両があるのに共通車両に乗っている女性は
アクシデントによる性的不快感のリスクを甘受しているとみなすという整理なのでしょうか...
確かに、報道で見る限り逮捕されるのは故意の認定が
容易なひどい事例ばかりということはそういう運用なのかもしれませんが...

結局、誤解を避けるための回避行為のコストと別車両のルールを作るコストとの相関ということになりそうですが
前者は糾合しにくいので軽視されがちなバイアスがかかりそうですよね。
ま、性別差別的な象徴的効果も足さなくてはならないのですけど。
(そして軽視されがちなのもわかりますが...)
この中で47%の賛成を得ているわけですから
誤解回避コスト負担は馬鹿にはできない量だと思いますけどね。

って、証券六法・税法六法・小六法に教科書・判例集・ノート・ゼミ資料を大量に持ち運んで
朝から授業に出ているような間抜けな学生基準なのでバイアスかかりまくりな私見です

ちなみに、株主総会で意見の均質性の期待できない経営マターをそもそも議題にすること自体には賛成では無かったりします(笑)

投稿: 故元助手A.T. | 2009/06/17 01:05

その最後の点が、このニュースで一番の違和感というか引っかかった点でした。

株主総会が経営の具体的な点、それも車両の運用方針というレベルの具体的すぎる会社の行動を決定することに、軽い違和感を覚えて取り上げたのだと思います。

もちろん、昔からあり得ることですけどね、株主という立場で経営に口を挟むのは。

投稿: 町村 | 2009/06/17 08:39

いや、これは実は適切な提案だと思いますよ。
女性専用車両だけしかないと、明らかに満員電車で男性が苦しむ確率が上がりますから。

現実には混雑路線では、女性専用車両がガラガラ、普通車両が満員すし詰めという現象が起きております。

男性からしたら、女性優遇しすぎ、ふざけるな!ということかと。

男性専用車両もできれば、そこには女性が乗ってこないから、男性の不満も少し緩和されるんじゃないですかね?

投稿: しんじろう | 2009/06/17 19:25

> 女性専用車は、法的根拠があって、
> 女性専用車に男性がみだりに立ち入れば、刑事罰もあります。

よろしければ教えて下さい。何法を根拠とする、何罪なのか。

投稿: 水上置換 | 2009/06/17 21:06

鉄道営業法
第三十四条  制止ヲ肯セスシテ左ノ所為ヲ為シタル者ハ十円以下ノ科料ニ処ス
一  停車場其ノ他鉄道地内吸煙禁止ノ場所及吸煙禁止ノ車内ニ於テ吸煙シタルトキ
二  婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ

第四十二条  左ノ場合ニ於テ鉄道係員ハ旅客及公衆ヲ車外又ハ鉄道地外ニ退去セシムルコトヲ得
一  有効ノ乗車券ヲ所持セス又ハ検査ヲ拒ミ運賃ノ支払ヲ肯セサルトキ
二  第三十三条第三号ノ罪ヲ犯シ鉄道係員ノ制止ヲ肯セサルトキ又ハ第三十四条ノ罪ヲ犯シタルトキ
三  第三十五条、第三十七条ノ罪ヲ犯シタルトキ
四  其ノ他車内ニ於ケル秩序ヲ紊ルノ所為アリタルトキ
○2 前項ノ場合ニ於テ既ニ支払ヒタル運賃ハ之ヲ還付セス

罰と言っても科料みたいですが。

投稿: kumakuma1967 | 2009/06/17 22:16

通りすがりですが、失礼いたします。
鉄道営業法第34条第2号は明治時代の法律で、現行の憲法第14条第2号等から合憲でないとして無効になる可能性が高いです。
また国土交通省は女性専用車を鉄道営業法第34条第2号が指すものに当たらないと言っており、各鉄道事業者には男性の非乗車を「強制しない」よう指導しています。
以上の事から、女性専用車に実質的な法的根拠はありません。
失礼いたしました。

投稿: じろう | 2009/06/18 07:46

 夫人子供専用車は,GHQのG2・SWINC指令が沿革的根拠です。
http://www.railway-museum.jp/exhibition/018.html

投稿: キメイラ | 2009/06/18 10:34

 現在の女性専用車両に鉄道営業法の例の条文が適用されないことは常識でしょう。国土交通省及び鉄道会社に確かめてみればすぐに分かることです。そもそも鉄道営業法を現行の女性専用車両に適用してしまえば、女性専用車両は廃止せざるを得ないのです。だから適用しない。

 「女性専用車両に男性が乗っても法的にも何ら問題がない」、これが常識ですね。むしろ男性を排除すれば違法行為ですね。

投稿: 法律無知 | 2010/01/31 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45358974

この記事へのトラックバック一覧です: news:男性専用車両の設置要求:

« 1988皆既日食 | トップページ | paypal日本参入 »