« Magazine:クレジット研究・休刊 | トップページ | bar-exam:新司法試験の監督業務の外部委託 »

2009/06/04

Mook:2009情報セキュリティ白書

特にマルウェア関係で著名なIPA(情報処理推進機構)が出している最新版の白書である。

中身は、情報セキュリティの基盤を支える人や産業の現状と、10大脅威の概要、経緯、被害状況と対策が主なものである。

ちなみに、10大脅威とは以下のものを指す。

DNSキャッシュポイズニング
正規のウェブサイトを経由した攻撃
標的型攻撃
ウィルスやボットの感染経路
情報漏えい
脆弱な無線LAN暗号方式
誘導型攻撃
スパムメール
組み込み製品に潜む脆弱性
ユーザIDとパスワードの使い回し

|

« Magazine:クレジット研究・休刊 | トップページ | bar-exam:新司法試験の監督業務の外部委託 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45231021

この記事へのトラックバック一覧です: Mook:2009情報セキュリティ白書:

« Magazine:クレジット研究・休刊 | トップページ | bar-exam:新司法試験の監督業務の外部委託 »