« SNS混迷のゆびとま | トップページ | news:隠す人たち »

2009/06/01

google検索で息子と27年ぶり再開を果たす

ネット美談というか。

gigazine:連れ去られて27年間行方不明になっていた息子の名前をググって発見、感動の再会を果たす

ググったのは、お母さんではなくお姉さんだったらしいが。
また元記事によれば、息子さんはフェイスブックにも書いていたらしく、それを見つけたということのようだ。

離婚した際に、父親が連れ去った息子と残された母親とが再会したということで、Symposium:国際的子の奪取の民事面に関するハーグ条約にも関係する話である。

連れ去った子供と面会する権利を、それぞれの国同士で認め合い、実効性も保障しあうというのがこの条約の趣旨であるから、上記記事のイギリスの母親がハンガリーに連れて行かれた息子との再会も、より容易になったという可能性がある。

日本の場合も同様で、日本に勝手に連れ帰った子供と元配偶者との面会を拒めないのと同様に、外国に勝手に連れて帰られた子供との面会を実現させるルートがハーグ条約により設けられることが望ましい。

|

« SNS混迷のゆびとま | トップページ | news:隠す人たち »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45203576

この記事へのトラックバック一覧です: google検索で息子と27年ぶり再開を果たす:

« SNS混迷のゆびとま | トップページ | news:隠す人たち »