« 上場会社の事業再生ADR | トップページ | politique:メンツさえかろうじて立てばよいのか。 »

2009/06/23

arret:遺言無効確認の訴え

訴えの利益ではちょくちょく出てくる遺言無効確認の訴えだが、ニュースでも見かけた。

asahi.com:一澤帆布訴訟「遺言は偽物」、前社長の勝訴確定 最高裁

もっとも、記事をよく読むと、「最高裁第三小法廷(藤田宙靖裁判長)は23日、三男の前社長側の「遺言書は偽物」との訴えを認めた昨年11月の二審・大阪高裁判決を支持し、長男の現社長側の上告を棄却する決定をした」とあり、よく分からないのである。

上告棄却決定? 不受理決定? 上告棄却判決?

なお、

二審判決は「重要な文書なのに認め印が使われるなど不自然な点があり、真正とは認められない」と判断。遺言書が無効となることで現社長らの議決権は失われるとし、前社長の信三郎氏が取締役を解任された05年の臨時株主総会の決議も取り消していた。

ということなので、株主総会決議取消訴訟も合わせて訴えていたようで、必要的共同訴訟の格好の素材といえよう。

|

« 上場会社の事業再生ADR | トップページ | politique:メンツさえかろうじて立てばよいのか。 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45433495

この記事へのトラックバック一覧です: arret:遺言無効確認の訴え:

« 上場会社の事業再生ADR | トップページ | politique:メンツさえかろうじて立てばよいのか。 »