« china:中国の食品安全法 | トップページ | NPOデジタル・フォレンジック研究会6年目に »

2009/05/18

news:北海道は関西からの来道者に特別検査

道新:新型インフル 関西滞在者も簡易検査 道、発熱外来で対象拡大

新型インフルエンザの感染者が兵庫県に続いて大阪府でも確認され、国内感染が拡大する中、道は、国外の新型感染地域からの帰国者で発熱症状などがある人に実施していた「簡易検査」について、十七日から、その対象者を関西地方に滞在して道内入りした旅行者らにも拡大した。

 

簡易検査はこれまで、《1》過去十日以内にメキシコや米国など新型インフルまん延国に滞在していた《2》三八度以上の発熱がある《3》せきなどの症状がある-などの場合に実施していた。
 道は今回、患者の早期発見と感染拡大防止のために実効的な対策が必要と判断。簡易検査の対象者として、兵庫県と大阪府、感染者が入国の際に利用した可能性がある関西国際空港に近い和歌山県の三府県に過去七日間、滞在したり、旅行した人-との新たな条件を加えた。

まだ、北海道に着陸する関西・伊丹・神戸発の飛行機に対する機内検疫をするとか、あるいは関西からの来道者に7日間の隔離を命じると行ったところまではやっていない。

参照:asahi.com:

北九州市教委の登校停止決定、兵庫・井戸知事が不快感
修学旅行で神戸市の一部地域などに滞在した中学生らの登校停止を決めた北九州市教委に対し、兵庫県の井戸敏三知事は17日の記者会見で「『汚染地域に足を踏み入れたら、お前も汚染源になる』というような言われ方だ」と不快感をあらわにした。
 井戸知事は、北九州市の判断について「行き過ぎと評価してもおかしくない。ここに住む私たちは1週間、家にいないといけない。社会生活をするなということになる」とも語った。井戸知事は、同県や神戸市への修学旅行中止や訪問自粛を呼びかけている自治体が複数あるとして、18日に開かれる全国知事会で過剰反応をしないよう訴える方針も明らかにした。

きっとメキシコ大統領も同じことを言いたかったと思うが、それについては思考は及ばない?

|

« china:中国の食品安全法 | トップページ | NPOデジタル・フォレンジック研究会6年目に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: news:北海道は関西からの来道者に特別検査:

« china:中国の食品安全法 | トップページ | NPOデジタル・フォレンジック研究会6年目に »