« Book:テキストブック現代司法第5版出る! | トップページ | asahi.comもブログ記事ランキングを始める »

2009/05/26

arret:最高裁から差し戻されてもなお責任能力を認める東京高裁

難しい問題だが。

asahi.com:「鑑定重視を」最高裁の差し戻し審、高裁で再び実刑判決

被告は、元勤務先の塗装店経営者を殴って死なせたとして起訴された。一審・東京地裁は「心神喪失」とした鑑定結果に基づいて無罪判決を言い渡したが、二審・東京高裁判決は鑑定結果を信用せず懲役3年の逆転有罪に。しかし、最高裁は上告審判決で「専門家の精神鑑定は十分に尊重すべきだ」として審理を東京高裁に差し戻していた。 ↓ 東京高裁は25日、責任能力があったと判断し、被告に懲役2年6カ月の判決を言い渡した。


責任能力の有無は、そもそも責任能力があるとはどういう状態か、ない=心神喪失とはどういう状態かという法解釈の問題と、その解釈された責任能力の有無の状態に当てはまるのかどうか、事実認定の問題との両面で困難を来している。
さらには、事実認定のレベルでも、専門家の鑑定を自由心証主義の下でどう評価するのか、鑑定の結論に従わなければならないのか、鑑定とは別の結論を出すことができる場合はどういう場合なのか、困難な問題である。

そして、この事件は刑事事件だけに、立証責任は責任能力具備を主張する検察側にあるので、民事裁判の場合の鑑定評価とはまた違った状況にあると思われる。

差し戻し判決はこちら。
最判平成20年4月25日刑集第62巻5号1559頁(PDF判決全文)

|

« Book:テキストブック現代司法第5版出る! | トップページ | asahi.comもブログ記事ランキングを始める »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45134586

この記事へのトラックバック一覧です: arret:最高裁から差し戻されてもなお責任能力を認める東京高裁:

« Book:テキストブック現代司法第5版出る! | トップページ | asahi.comもブログ記事ランキングを始める »