« Book:判例とのその読み方 | トップページ | 道内でもNET中傷 »

2009/04/06

justsystem:一太郎、養子に出る

あまり目立たないニュースで見逃していたが、ジャストシステムがキーエンスの傘下に入ることになった。

CNET Japan:ーエンスが筆頭株主に 「一太郎」のジャストシステムと提携

一太郎も、法律家の間ではまだデフォルトらしく、私のところに一太郎文書を当然読めるという前提で添付してくる人が後を絶たないが、読めないので悪しからず。

裁判所が長い間デファクトスタンダードとして使ったのが原因だ。
その裁判所に見放され、いよいよ立ち行かなくなったか、キーエンスに第三者割り当て増資をして筆頭株主となってもらい、傘下に入ったということである。

ジャストシステム資本・業務提携のお知らせ

一太郎はどうでもよいのだが、ATOKは無くなると困る。マック用にバージョンアップもきちんとしてくれないと困る。果たしてどうなることやら。

|

« Book:判例とのその読み方 | トップページ | 道内でもNET中傷 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

大昔のことをいっても仕方がありませんが,かつては,B4・縦書き・袋とじという世界で,当時のワードでは設定が非常に困難でした。

そこで一太郎しか選択肢がなく,そのまま,とくに困らないので現在に至るということもありますね。たまにワードを使わされるときがありますが,いまでも,レイアウトの設定とかは違和感があります。

オフィスの向こうを張って,三四郎とかAgreeとかを出していますが,こちらはインストールしたものの,HDDの肥やしになっています(^_^;)。

投稿: h | 2009/04/07 02:08

国産で日本の文書作成事情にマッチしたものというのは、存在意義があると思います。
でも経済的に成り立つかどうかを度外視して維持しなければならないほどのものではないっていうことでしょう。

投稿: 町村 | 2009/04/07 06:42

>一太郎文書を当然読めるという前提で添付してくる人が後を絶たないが、読めないので悪しからず。

へっ?
今でも読めないことってあるのですか?

わたし自身は、そういうことはここ何年も皆無なので・・・・・、
どういう状況で読めなくなるのかな?

投稿: 酔うぞ | 2009/04/07 13:50

単純にソフトがないので・・。

投稿: 町村 | 2009/04/07 13:59

あ、 Macintosh だからですよ。

Windows だと一太郎とワードは互換モードで普通は充分に使えます。

わたしは、一太郎で書いて、ワード{ファイル)で保存しています。

投稿: 酔うぞ | 2009/04/07 16:44

ビューアはありますよ・・・

投稿: いちおう | 2009/04/07 18:29

いや、ですから、
動作環境

OS、CPU/メモリ、画面とも一太郎2009と同等です。

OS
Windows Vista(R)
Windows(R) XP(Service Pack 2以上)
Windows 2000 Professional(Service Pack 4以上)

ということなのでOut of questionなんです。。。

投稿: 町村 | 2009/04/07 20:11

大前提の認識を欠いておりましたm(_ _)m

投稿: いちおう | 2009/04/07 21:20

私は一太郎でもほとんど横書きの文章を書いているのですが、なんで裁判所はMSWordに乗り換えちゃったんでしょうね?

投稿: ひらの | 2009/04/07 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/44588872

この記事へのトラックバック一覧です: justsystem:一太郎、養子に出る:

« Book:判例とのその読み方 | トップページ | 道内でもNET中傷 »