« 議会によるYouTubeの使い方 | トップページ | cinema7つの贈り物 »

2009/03/04

jugement:少額異議判決

東京簡判平成20年11月27日(PDF判決全文

本案は敷金の争いだが、被告は、次のように主張している。

被告が少額訴訟判決には応じられない旨表明していたにもかかわらず,これを無視して言い渡されたものである。また,被告が第一回口頭弁論期日において,少額訴訟は希望しない旨繰り返し陳述していたが,裁判官や司法委員に翻意を促されたほか,書記官はこのことを調書に記載せず,さらに裁判官は,被告の真意を承知しながら,当事者(素人)の無知に乗じて少額訴訟判決を言い渡した

これに対して裁判官は、次のように判示して一蹴している。

本件少額訴訟の第一回口頭弁論期日において,冒頭裁判官が少額訴訟手続についての説明をし,それに対し被告から,少額訴訟手続は希望しない旨の意思表明もなく,通常訴訟手続へ移行する旨の申述がなかったため,少額訴訟手続で審理・裁判されたことは,当裁判所に顕著な事実である。したがって,本件少額訴訟手続が不当・違法であるとする被告の主張は当を得ず,その他の異議理由も相当とは認められない。

顕著な事実といわれてしまえば、どうしようもないところだ。

|

« 議会によるYouTubeの使い方 | トップページ | cinema7つの贈り物 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/44243617

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:少額異議判決:

« 議会によるYouTubeの使い方 | トップページ | cinema7つの贈り物 »