« politique:麻生内閣の存続を願うのは? | トップページ | bankruptcy:商工ファンド、民事再生 »

2009/02/23

cell-phone飛行機内で解禁へ

asahi.com:機内で携帯解禁 アイルランドの格安航空会社

アイルランドの格安航空会社ライアンエアーは19日から、飛行中の機内で、携帯電話の通話や電子メール送受信を可能にするサービスを始めた。

機内でメールの送受信ができたりウェブが見られたりするのはとてもよいし、かつてのように機内からフルにインターネットが使えれば、スカイプもできる。

しかし、今回のはそういうものでもなさそうだ。

料金は、通話は1分間1.5〜3ポンド(約200〜400円)、メールはデータ量によって1通につき1ポンド以上かかる。通話は同時に最大6人まで。将来14人まで拡大するという。ただし、ほかの乗客から苦情が殺到した場合、サービス拡大を取りやめるという。

たしかに、自分が通話できるのは良いが、隣に片時も携帯を放せないようなビジネスマンが座った日には、苦情クレーマと化すであろう。既に新幹線でも、とにかくうるさいオヤジリーマンが、耳が遠いのかやたら大声で商談などしているのには、環境が悪いと言いたくもなる。飛行機ではますます逃げ場がなくなるのだ。

ちなみに同様のサービスは中東の航空会社で導入済みだということだ。

|

« politique:麻生内閣の存続を願うのは? | トップページ | bankruptcy:商工ファンド、民事再生 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/44150202

この記事へのトラックバック一覧です: cell-phone飛行機内で解禁へ:

« politique:麻生内閣の存続を願うのは? | トップページ | bankruptcy:商工ファンド、民事再生 »