« jury:講談で考える裁判員制度 | トップページ | book:Osgoode Hall=トロント裁判所 »

2009/02/10

bar-exam:第4回新司法試験出願状況

平成21年度新司法試験出願状況について(PDF)

出願者数等 9,734人
(1) 性別構成
男性 6,800人(69.8%)
女性 2,934人(30.2%)
(2) 修了者 4,956人(50.9%)
(3) 修了見込者 4,778人(49.1%)

女性比率が30%を超えたことと、修了者の方が修了見込み者より多いことが目を引く。

今後はそういう状況が続くわけだが。

なお、札幌での受験者は220人しかいない。

|

« jury:講談で考える裁判員制度 | トップページ | book:Osgoode Hall=トロント裁判所 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

 ついに修了者が過半数を超えたみたいですね。ここからの合格率の変動を見ないと司法改革ロー制度の真価は問えないでしょう。旧試験の経験則では卒業後2~3年目くらいが一番合格率がよかったそうなので、その伝でいけば、現役合格はほとんど半減して修了者が合格者の大半を占めるはずですが、さてどうなるでしょう。

投稿: キメイラ | 2009/02/10 18:13

私としては、前任校でも現任校でも卒業した人たち全員が合格してほしいとしかいいようがないです。

投稿: 町村 | 2009/02/10 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/44015960

この記事へのトラックバック一覧です: bar-exam:第4回新司法試験出願状況:

« jury:講談で考える裁判員制度 | トップページ | book:Osgoode Hall=トロント裁判所 »