« Bar:同一弁護士に三回目の懲戒 | トップページ | arret:ロクラクが適法と認められた事例 »

2009/01/28

アメリカでもjury関係通知を装うニセ電話

アメリカでも裁判所からの陪審員関連連絡を装ったニセ電話で、個人情報や銀行口座の情報などを聞き出すIdentity Theftが流行っているという。

連邦裁判所ニュースのプレスリリース

下記よりビデオをダウンロードすることも可能だ。
http://www.uscourts.gov/video/0834JuryFraud.wmv

もっとも今に始まったことではなく、ずいぶん前にこんなビデオがYouTubeに有ったりするのだが。

|

« Bar:同一弁護士に三回目の懲戒 | トップページ | arret:ロクラクが適法と認められた事例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカでもjury関係通知を装うニセ電話:

« Bar:同一弁護士に三回目の懲戒 | トップページ | arret:ロクラクが適法と認められた事例 »