« spam:2008は結局増える | トップページ | Bar:同一弁護士に三回目の懲戒 »

2009/01/27

event:last-callオンライン裁判の可能性

直前となった下記の公開研究会、まだ募集中である。
http://www.jlf.or.jp/work/kenkyu_281.shtmlご参照
----
日弁連法務研究財団オンライン訴訟研究会・司法制度改革と先端テクノロジィ研究会・情報ネットワーク法研究会の共催による下記の公開研究会を開催することとなりましたので,ご案内いたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。

<日時>2009年1月31日(土)13時30分〜
<会場>株式会社富士通総研大会議室(ゆりかもめ「竹芝」駅すぐ)
<参加費>無料
<解説>早野貴文(弁護士)
    町村泰貴(北海道大学大学院法学研究科教授)
    笠原毅彦(桐蔭横浜大学法学部教授)
    上田竹志(九州大学大学院法学研究科准教授)


〜プログラム〜
1.問題提起
2.eサポート裁判イメージビデオ「自由の支援」上映
3.eサポート裁判における手続き法の問題点
4.eサポート裁判の技術的問題点
5.ディスカッション

☆その他詳細は,日弁連法務研究財団ホームページをご覧ください。
http://www.jlf.or.jp/work/kenkyu_281.shtml

|

« spam:2008は結局増える | トップページ | Bar:同一弁護士に三回目の懲戒 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/43872636

この記事へのトラックバック一覧です: event:last-callオンライン裁判の可能性:

« spam:2008は結局増える | トップページ | Bar:同一弁護士に三回目の懲戒 »