« In re iPod nano クラスアクション | トップページ | MAC:25年のフォトレポート »

2009/01/26

avocate:女性弁護士の伸びは低い

asahi.com:女性弁護士比、14%どまり 子育て支援など遅れも

女性弁護士の割合は伸び悩んでいる。08年3月末で、弁護士約2万5千人のうち3599人。全体の14%にとどまり、欧米には遠く及ばない。
日本弁護士連合会は08年版「弁護士白書」で、女性弁護士の歩みを特集した。戦後を振り返ると、1950年では全体約5800人に対し6人。割合はわずか0.1%だった。66年に100人を超え、96年に1千人を突破。08年は00年から倍以上に増えたが、それでも比率で見れば49%のフランス、30%の米国など欧米との差は歴然だ。

女性裁判官の割合や検察官の割合は、比較的高い伸びを示している。
inokenblog:News: 新任判事補75人、女性29人

司法修習修了者の中から選抜する任官者の場合は、その女性比率を数えるのに意味があるが、弁護士の場合は独自に選抜をするわけではないので、結局のところ司法修習生に占める女性比率の反映にほかならない。

ということで、法科大学院と新司法試験の合格者に女性の比率が高くならなければ、弁護士に占める女性比率は変わらない。

|

« In re iPod nano クラスアクション | トップページ | MAC:25年のフォトレポート »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/43863149

この記事へのトラックバック一覧です: avocate:女性弁護士の伸びは低い:

« In re iPod nano クラスアクション | トップページ | MAC:25年のフォトレポート »