« consumer:マイレージに消費者保護指針 | トップページ | YouTubeがダウンロード機能を提供 »

2009/01/20

arret:民法416条の通常生ずべき損害の範囲

最判平成21年1月19日PDF判決全文

店舗の賃借人が賃貸人の修繕義務の不履行により被った営業利益相当の損害について,賃借人が損害を回避又は減少させる措置を執ることができたと解される時期以降は被った損害のすべてが民法416条1項にいう通常生ずべき損害に当たるということはできないとされた事例

いわゆる損害拡大防止義務を認めた事例と位置づけられようか。

賃借人が賃借店舗の欠陥でカラオケ店の営業ができなくなった損害を通常損害としつつ、よそで開業することができるようになっているのにそうしないのだから、その部分の損害を賠償請求することはできないという。

|

« consumer:マイレージに消費者保護指針 | トップページ | YouTubeがダウンロード機能を提供 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/43799764

この記事へのトラックバック一覧です: arret:民法416条の通常生ずべき損害の範囲:

« consumer:マイレージに消費者保護指針 | トップページ | YouTubeがダウンロード機能を提供 »