« アメリカでもjury関係通知を装うニセ電話 | トップページ | univ:ウソついた申請がばれても取消にはならない »

2009/01/28

arret:ロクラクが適法と認められた事例

知財高判平成21年1月27日(PDF判決全文)

カラオケ法理がそのまま適用されるかと思えば、まねきTVと同様の結論となった。

先週のコンピュータ委員会シンポでは、まねきTV判決の陰に隠れて目立たなかったが、

【31】東京地判平成20年5月28日 裁判所HPPDF判決全文
 日本で録画したテレビ番組を海外で鑑賞させるため、インターネットを使って海外の受信機に転送するサービスが著作権侵害だとされた事例

として紹介した事例である。

|

« アメリカでもjury関係通知を装うニセ電話 | トップページ | univ:ウソついた申請がばれても取消にはならない »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/43886662

この記事へのトラックバック一覧です: arret:ロクラクが適法と認められた事例:

« アメリカでもjury関係通知を装うニセ電話 | トップページ | univ:ウソついた申請がばれても取消にはならない »