« jury:裁判員と保育 | トップページ | bar & google:福弁がストリートビュー中止要求 »

2008/12/02

spamの効果

迷惑メールのクリック率と成約率は、業者でなければ分からない。
そこで、ある学者が自分で迷惑メールを出して反応を調べてみた。

迷惑メール広告のクリック率と購入率を実証調査

すると・・・

迷惑メールで医薬品の広告を3.4億通送信すると、1万人がサイトを訪問し、28人が購入することが分かった。米カリフォルニア大学の研究者が、実際に迷惑メールを送信して実証的に調べた。

うーむ、しかしこれは禁じ手的な調査手法ではある。

しかし、興味深い事実は次々明らかになっている。
例えばメールが届く割合も、謎であった。

「メール送信の成功」は24%だけで、76%は送信に失敗している。

迷惑メールを送信して10秒後からサイトへの来訪が始まり、6時間以内に4割が来訪する。24時間で約6割が来訪し、3日で約8割、その後は1カ月たつまでだらだらと来訪者が増える。

これなどは、spamの効果が結構高いことを示しているだろう。

|

« jury:裁判員と保育 | トップページ | bar & google:福弁がストリートビュー中止要求 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/43293875

この記事へのトラックバック一覧です: spamの効果:

« jury:裁判員と保育 | トップページ | bar & google:福弁がストリートビュー中止要求 »