« Xmas:今夜は皆さんどう過ごす? | トップページ | juge:新61期任官 »

2008/12/25

politique:衆院解散要求決議案と参院審議権尊重決議

タイトルだけでもうなにをかいわんや。

昔、議員総辞職などという奇手を実際にやって引っ込みが付かなくなったことがあったが、一応はそれに懲りて、自らに実害がない、無駄で空疎な行動にとどめておいただけ、賢くなったと言うべきか。

それにしても、参議院という国権の最高機関の一翼の意思として、参院審議権尊重決議なるものが歴史に刻まれたわけだ。このこと自体、参議院の権威を取り返しの付かないほど傷つけるものではなかろうか?

|

« Xmas:今夜は皆さんどう過ごす? | トップページ | juge:新61期任官 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

参議院無用論を唱えていた白州次郎氏がこの事態を見たら、何と言ったでしょうか・・・・・・

投稿: curiousjudge | 2008/12/28 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/43522976

この記事へのトラックバック一覧です: politique:衆院解散要求決議案と参院審議権尊重決議:

« Xmas:今夜は皆さんどう過ごす? | トップページ | juge:新61期任官 »