« econ.緊急住宅対策 | トップページ | LSの統合が動き出した »

2008/12/18

LS早稲田も内部振り分け方式を放棄

ついにそういう日が来たか・・・。

2011年度入学者選抜試験の変更点等について

3年標準課程への入学を希望するもの、法学既修者として入学を希望するもの(2年修了)、おおよそ半数ずつ定員枠を設けて、それぞれ別々に募集を行う予定です。  また、出願に際しては 、両者の併願を受け付けることを検討しております。

従来は法学既修者が主として旧司法試験受験生であったところ、今後はそうした層がほとんどいなくなって本来の法学部出身者が既修者の主な志願者となるものと想定される。

はたして、定員枠を設けるやり方が志願者層の変化に適合するものなのかどうか、興味深いところである。

|

« econ.緊急住宅対策 | トップページ | LSの統合が動き出した »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/43457064

この記事へのトラックバック一覧です: LS早稲田も内部振り分け方式を放棄:

« econ.緊急住宅対策 | トップページ | LSの統合が動き出した »