« ヤミ金被害者のみなさん、返してもらえるChanceですよ | トップページ | spamの効果 »

2008/12/02

jury:裁判員と保育

毎日jp:裁判員制度:一時保育、9割整備 8地裁・支部「自治体と協議中」

裁判員制度:東京・品川区が無料保育を実施へ 全国初

国民を裁判員に義務的に参加させ、また司法に参加するのは権利でもある以上、乳幼児を抱える男女を裁判員候補にするなら保育サービスを無料で提供するのは、裁判所の責務である。

裁判所自身が保育所を作るというのが最も望ましいし、様々な保育ニーズに答えられる利点もあるのだが、自治体の保育サービスを利用させてもらうというのはまあ、次善の策と評価できる。

しかし、二番目の記事に最高裁が次のようなコメントを出しているところを見ると、裁判所が積極的に保育サービスを開拓しようと努めているのか、怪しい気もする。

最高裁広報課は「聞いたことがない」といい、司法参加へのハードルを下げる全国初の制度になりそうだ。

|

« ヤミ金被害者のみなさん、返してもらえるChanceですよ | トップページ | spamの効果 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/43293582

この記事へのトラックバック一覧です: jury:裁判員と保育:

« ヤミ金被害者のみなさん、返してもらえるChanceですよ | トップページ | spamの効果 »