« googleがプライバシー問題で信頼できる20社から脱落 | トップページ | bar-exam:新61期の2回試験成績 »

2008/12/16

arret:リースと民事再生

最判平成20年12月16日PDF判決全文

いわゆるフルペイアウト方式によるファイナンス・リース契約中の,ユーザーについて民事再生手続開始の申立てがあったことを契約の解除事由とする旨の特約は,無効である

倒産手続申立てを解除原因とする特約は倒産処理手続、とりわけ再建型手続の目的に反するので無効ということは、従来から圧倒的多数説により支持されてきた。

最高裁が正面から認めたことで、今後の実務でも定着するであろうか?

|

« googleがプライバシー問題で信頼できる20社から脱落 | トップページ | bar-exam:新61期の2回試験成績 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/43441153

この記事へのトラックバック一覧です: arret:リースと民事再生:

« googleがプライバシー問題で信頼できる20社から脱落 | トップページ | bar-exam:新61期の2回試験成績 »