« aso邸ツアー:結局釈放されたのか、それも黙秘のままで・・・ | トップページ | jugement:たまには警察の味方もしたくなる »

2008/11/13

spam:迷惑メールの流量が75%減少

本当かと思うようなニュースだが、本当らしい。

PCオンライン:迷惑メールの流通量が75%減、悪質業者に対するネット遮断が奏功
上流ISPが訴えに応じて遮断、ボットネットの司令塔を多数つぶした

ネット接続を遮断されたのは、米国サンノゼに拠点がある「McColo」という迷惑メール送信事業者。同社が運用するネットワークやサーバーは以前から悪名高く、世界中に出回っている迷惑メールの50%から75%に関与していると言われていた。

McColoのネットワークからはボットに対する指令もたくさん出ていたらしく、ウィルス発信源でもあったという。

ボットネットの司令塔をつぶすことや、送信事業者の上流ISPに働きかけて接続を遮断させることが、迷惑メール対策として非常に有効という結論である。

詳しくは、ソフォスの英文ページを参照されたい。

|

« aso邸ツアー:結局釈放されたのか、それも黙秘のままで・・・ | トップページ | jugement:たまには警察の味方もしたくなる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/43104090

この記事へのトラックバック一覧です: spam:迷惑メールの流量が75%減少:

» spam:2008は結局増える [Matimulog]
IT Pro:2008年のスパム・メール、悪質業者の摘発にもかかわらず前年比25 [続きを読む]

受信: 2009/01/27 11:46

« aso邸ツアー:結局釈放されたのか、それも黙秘のままで・・・ | トップページ | jugement:たまには警察の味方もしたくなる »