« site:民法改正委員会のホームページ | トップページ | korea:サイバー侮辱罪 »

2008/10/07

NCPCからただのCPCへ

フランスの民事訴訟法典は、1806年のナポレオン法典から1975年に全面改正された。
しかし、その1975年の時点では多数の規定が改正の対象から外れていたので、新しい法典はNouveau Code de procedure civileと呼ばれ、旧法典のCode de procedure civileと併存していた。

ところが、2009年版の法典から、このNouveauがとれて、現行法典が晴れて「新」ではないただの民事訴訟法典Code de procedure civileとなったのである。

根拠法は2007年12月20日法律1787号であり、その時に旧法典は廃止された。

1975年の新法典のはじめは、1971年のデクレであったので、それから数えて実に36年かかって、民事訴訟法典の「全面」改正が完成し、現行法典から「新」という言葉が正式にとれたことになる。


|

« site:民法改正委員会のホームページ | トップページ | korea:サイバー侮辱罪 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/42712443

この記事へのトラックバック一覧です: NCPCからただのCPCへ:

« site:民法改正委員会のホームページ | トップページ | korea:サイバー侮辱罪 »