« event湯沢最終日 | トップページ | BLOG書き込みで侮辱罪適用 »

2008/10/11

lawsuit:ウソ爆弾男への法的責任追及

奥村先生の見解で取り上げられていたニュース
裁判:「ダイナマイト持っている」と業務妨害の男に賠償提訴 風評被害などで2000万円 エア・ドゥ

いやぁ、こういうのはどんどん訴えたらよろしい。

奥村先生は風評被害の損害額の立証が困難だろうというのだが、所詮はサンクションを食らわしてお灸を据えるのが目的であるので、ノミナルな賠償でもよさそうな気がする。

それでも一応金額評価は必要だが、民訴法248条があるのだ。
最近の最高裁判決によれば、損害を認定できないといっても請求棄却判決は出せないということなので、もともと算定困難な事例は争点ともならず、もっぱら認定に資する材料を提供すればよいということになりそうだ。

#ただし訴訟法理論上は検討すべき問題があることはいうまでもない。

##ところで奥村先生はトラックバック機能を外されてしまったのだろうか?

|

« event湯沢最終日 | トップページ | BLOG書き込みで侮辱罪適用 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 質の高い常連が常時ヲチするサイトだと、荒らしや出張放火をフィルタリングするためにトラックバックを外すところが増えています(投稿もID持つ者に限定と同じか?)。そのためか、ブクマで厭味皮肉罵倒を書く「ブクマ・ノイズ」が増えています。出張放火や悪口三昧でストレス発散のはけ口にネットを使う人が増加したのでしょうか。

投稿: ハスカップ | 2008/10/12 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/42751217

この記事へのトラックバック一覧です: lawsuit:ウソ爆弾男への法的責任追及:

« event湯沢最終日 | トップページ | BLOG書き込みで侮辱罪適用 »