« korea:サイバー侮辱罪 | トップページ | jugement:中間省略登記手続申請の却下処分が適法と認められた事例 »

2008/10/07

jugement:痴漢無罪事件

大阪地判平成20年9月1日PDF判決全文

要するに、女子高生Eに対する胸を触った容疑については、故意が認められず、女子高生Gに対するスカートをめくっておしりを触った容疑については、別の真犯人がいる可能性があるということで、無罪となった。

無実だとすると、二人の女子高生から同時に痴漢されたと申告されたのでは、さぞや大変であったことだろう。

|

« korea:サイバー侮辱罪 | トップページ | jugement:中間省略登記手続申請の却下処分が適法と認められた事例 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/42714322

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:痴漢無罪事件:

« korea:サイバー侮辱罪 | トップページ | jugement:中間省略登記手続申請の却下処分が適法と認められた事例 »