« apple教員向けワークショップ | トップページ | decision:補助参加の可否 »

2008/10/03

consumerのためのサイバー法

昨晩、札幌市消費者センター平成20年度消費者カレッジのステップアップ講座という枠で、話をする機会を得た。

ふだん、大学生向けに話していることを一般消費者向けに、それも半期の授業を2時間にまとめるので、だいぶ過不足があったように思うが、最後は、色々と問題があるにしても、消費者にとってもサイバースペースというのは明るい豊かな未来を実現できるフィールドですよ、ということを言い忘れないで終わることができた。

ご参加いただいた方々は、いかにもとってつけたように感じられたかもしれないが、それは時間の制約のせいである。

実際、法律問題となるのは暗い話題が多くなるのが常で、結婚するときに法律家の出番はまずないが、離婚するときは法律家が近寄ってくる。にもかかわらず、法は自由の礎ということもまた忘れるべきではない。

|

« apple教員向けワークショップ | トップページ | decision:補助参加の可否 »

生活雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/42669456

この記事へのトラックバック一覧です: consumerのためのサイバー法:

« apple教員向けワークショップ | トップページ | decision:補助参加の可否 »