« book:新民事訴訟法第4版 | トップページ | politique:12年前の質問を掘り出された野田聖子・消費者行政担当大臣 »

2008/10/16

censorship:出会い系サイトの場合

出会い系サイトの事業者が削除義務を負う場合のガイドライン(PDF)が、警察庁のサイトで公表されている。

これによると、

単に児童に関して異性交際の誘引を行えば「禁止誘引行為」に該当します(「遊びませんか」、「カラオケに行きませんか」等)

とのことである。

異性交際という概念は、性的なお付き合いに限らないわけで、男女七歳にして席を同じうせずというか、18歳未満にして席を同じうせずということになったわけである。

なお、女子高校生といっただけでは、18歳の場合もあり得るから、禁止誘引行為にならないとの解釈も示されている。

同時に、「インターネット異性紹介事業」の定義に関するガイドライン(PDF)も公表されている。


|

« book:新民事訴訟法第4版 | トップページ | politique:12年前の質問を掘り出された野田聖子・消費者行政担当大臣 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/42802291

この記事へのトラックバック一覧です: censorship:出会い系サイトの場合:

« book:新民事訴訟法第4版 | トップページ | politique:12年前の質問を掘り出された野田聖子・消費者行政担当大臣 »