« news:三菱重工業が内部告発に報復人事 | トップページ | legal theory:立法者意思と立法担当者の主観的認識 »

2008/09/28

politique:中山元大臣を擁護しないのか?>N氏,A氏

asahi.com:「予算審議、滞らないよう辞任」中山氏が説明

日教組批判については「国交省の建物の中で発言したことは撤回したが、政治家中山成彬としては撤回したという考えはなかった。何が日本をダメにしているのか伝えるのも、政治家としての責務だろうと考えた」として、今後も政治家として発言を繰り返していく考えを示した。

単一民族という言葉を出したのはアヤみたいなもので、それを取り上げるのは揚げ足取りというか極めてプリミティブな言葉狩りだと思うが、日教組に対する発言や、その流れで大分県は日教組が強いから成績が悪いというのとか、日教組の子供は成績が悪くても先生になれるとか、「日本では様々な犯罪が起こっている。もうけるためならうそを言ってもいい、子殺しとか親殺しとか、これが日本だろうかと。かつての日本人はどこに行ってしまったのか」と述べたうえで、その原因は日教組に問題があると主張するとか、そういう偏見丸出しの方が選挙で選ばれるということ自体、凄いと思う。
それこそ、宮崎の当該選挙区民のレベルというものがうかがわれる。

その他は、大体モト検先生の書かれたとおり。

で、この種の発言をしそうな人は、他にもいる。例えば中川昭一大臣なんかは、真っ先に「そうだ、そうだ」と中山大臣に賛同して怪気炎をあげそうな感じだし、そもそもが麻生首相自身、別の機会では自分が言いそうなことだと思っているにちがいない。

それなのに敢えて見殺しにするというのは、中川大臣も麻生首相も、ヘタレというべきではないか。

モトケン先生へのはてブについたこのコメントが笑える。
「じつは中山って民主党からかねでももらって自民党の印象操作に…(そうでもおもわんとりかいできん」

追記asahi.com:国交相発言「本質ついてる」 橋下知事は擁護論

この人の場合は、話題性と敵認定した相手を攻撃することで喝采を浴びる、ミニ小泉劇場型政治を目指しているわけだから、学力テスト問題に便乗して登場するのは当然かもしれない。

しかし、中山元大臣の発言のどのあたりが「本質ついている」のかを、もう少し詳しく説明なり報道なりしてくれないと、目立つまでには至らないであろう。

|

« news:三菱重工業が内部告発に報復人事 | トップページ | legal theory:立法者意思と立法担当者の主観的認識 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/42621423

この記事へのトラックバック一覧です: politique:中山元大臣を擁護しないのか?>N氏,A氏:

« news:三菱重工業が内部告発に報復人事 | トップページ | legal theory:立法者意思と立法担当者の主観的認識 »