« news:人質司法の敗北 | トップページ | holiday:墓参 »

2008/09/22

犯行予告で平井堅concertの妨害=懲役1年執行猶予3年

福岡地裁の判決である。

「インターネットでの犯行予告は匿名性や模倣性が高く、同種事件を予防するためにも、しかるべき刑を科すべきだ」と指摘したが「多額の賠償金を支払い示談が成立している」と執行猶予の理由を述べた。

そういうわけで、犯行予告は見せしめのため厳罰が科される可能性が高いが、示談すれば執行猶予となる。

|

« news:人質司法の敗北 | トップページ | holiday:墓参 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/42560214

この記事へのトラックバック一覧です: 犯行予告で平井堅concertの妨害=懲役1年執行猶予3年:

« news:人質司法の敗北 | トップページ | holiday:墓参 »