« jugement:植草元教授のセクハラ癖 | トップページ | Book:フランス法・第3版 »

2008/09/09

Book:ヨーロッパ私法

一般向けには少々高いが、ヨーロッパ契約法研究会の皆さんが出した研究書である。

様々な論考の集成だが、注目タイトルは以下のようなものがある。

潮見佳男「ヨーロッパ契約法と我が国における民法の現代化」
馬場圭太「EU指令とフランス民法典---消費動産売買指令の国内法化をめぐる動向」
ハインリッヒ・デルナー「電子商取引における消費者保護」
シュテファン・ヴルブカ「オーストリアにおける消費者保護法」
ジェラルト・シュピンドラー「IT法における責任」

ちなみに同研究会の前の業績としては、以下のものがある。今回はその続編と言うことである。

|

« jugement:植草元教授のセクハラ癖 | トップページ | Book:フランス法・第3版 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/42423271

この記事へのトラックバック一覧です: Book:ヨーロッパ私法:

« jugement:植草元教授のセクハラ癖 | トップページ | Book:フランス法・第3版 »