« book:ついにでた民訴コメ3 | トップページ | univ.私大連盟、金返せ »

2008/07/04

Viacom対Youtubeの秘密保持命令

YouTubeに対する著作権侵害の賠償請求訴訟で、原告Viacomが裁判所からえたユーザの閲覧情報開示命令には、秘密保持命令が付いていた。
CNET Japan:YouTubeへのユーザーデータ提出命令、Viacomには厳しい利用制限

日本における秘密保持命令は、ほとんど発令件数がないという問題を抱えているが、それに比べるとアメリカの訴訟手続では秘密保持命令が現実に動いていることを感じさせてくれる。

「保護命令の内容は、GoogleからViacomに引き渡されるデータを、ViacomはYouTubeが著作権を侵害する動画コンテンツの温床となっているという主張を証明する目的以外に使用してはならないというものだ、と情報筋は語った。また、ViacomはYouTubeのユーザーデータに直接アクセスできない、とも述べている。データへのアクセスは外部の法務顧問と専門家に限定されている。」

他方で、ユーザの視聴動向をViacomが知ることができるというのは、プライバシー侵害に他ならないので、開示されるデータには匿名化が必要不可欠でもある。

|

« book:ついにでた民訴コメ3 | トップページ | univ.私大連盟、金返せ »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/41733018

この記事へのトラックバック一覧です: Viacom対Youtubeの秘密保持命令:

« book:ついにでた民訴コメ3 | トップページ | univ.私大連盟、金返せ »