« arret:コンビニのフランチャイザーが仕入れ代金に報告義務あり | トップページ | fraud:ウナギとエビ、どちらが悪質か? »

2008/07/05

携帯電話と消費者symposium

携帯電話と消費者symposium
様々な消費者トラブルが報告されている。

よくあるパケット料のトラブルについて、パケット料が100万円以上の請求が簡単に発生してしまう。
D社は今でも突然高額の使用が発生した場合は早期請求する事で、予防策を付しており、将来的にはパケット通信すべてに定額サービスを設定することを検討中とのことである。

またコンシューマーサービスの現場では、100万以上の料金が発生しても、事情を聞いて必ずしも全額を請求するわけではなく、「ご納得がいただける、あるいは少なくともご納得いただけるところに近い額」で手を打つということである。

|

« arret:コンビニのフランチャイザーが仕入れ代金に報告義務あり | トップページ | fraud:ウナギとエビ、どちらが悪質か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話と消費者symposium:

« arret:コンビニのフランチャイザーが仕入れ代金に報告義務あり | トップページ | fraud:ウナギとエビ、どちらが悪質か? »