« ADR:苦情処理の真相は? | トップページ | jugement:分譲マンションに携帯電話アンテナをたてる契約 »

2008/06/18

判例時報2000号

淡々と、号を重ね、2000号に達した今日も、特に変わったことのない誌面が届いた。

デジタル化には完全に背を向け、ウェブページもなく、ググってみても本社すら出てこないという出版社の、しかしながら法律系では随一の存在のうちの一つである。

ちなみに1000号のときはまだ学生だったので定期購読はしてなかったが、1000号記念の執筆者総索引みたいなのがついていたと記憶している。
2000号は、何もない。社長や編集長の挨拶の一言もない。

あ、magdeliとかいうところから定期購読申込はできるようである。

|

« ADR:苦情処理の真相は? | トップページ | jugement:分譲マンションに携帯電話アンテナをたてる契約 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

1000号の時も「総索引」は、何号かあとに出版されました。
それもそのハズ、丁度1000号に掲載された判例も、索引化しますから、。

投稿: 杉さま | 2008/06/19 02:30

そうですか。
そうすると、今回も、これから何かするということかもしれませんね。

投稿: 町村 | 2008/06/19 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/41569362

この記事へのトラックバック一覧です: 判例時報2000号:

« ADR:苦情処理の真相は? | トップページ | jugement:分譲マンションに携帯電話アンテナをたてる契約 »