« arret:刑事確定記録法に基づく閲覧が権利濫用と認められた事例 | トップページ | TLDも自由化 »

2008/06/28

第1回inlaw研究会

第1回inlaw研究会
第1回inlaw研究会
龍谷大学法科大学院で開催中である。

図書館員と法学教員が仲良しになる方法という副題がよい。
中大、大宮、筑波、北星、龍谷、各大学の取り組みが紹介されている。

最後は法律条例のでき方や情報の取り方の裏技など、インサイダーらしき情報が飛び交い、さらには野原の巨大なTSUTAYAが好きだという司会の意向で時間が45分もオーバーするサービスぶり。
配付資料の減り方から数えて110人に上った参加者は、会場のキャパギリギリの混雑にも関わらず、大満足であった。

北は北海道から南は九州まで、文字通り全国的な参加を得て、この種の知識やスキルの共有のニーズを再認識したが、今後はどう展開していくのであろうか? それが課題かな。

|

« arret:刑事確定記録法に基づく閲覧が権利濫用と認められた事例 | トップページ | TLDも自由化 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/41671116

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回inlaw研究会:

« arret:刑事確定記録法に基づく閲覧が権利濫用と認められた事例 | トップページ | TLDも自由化 »