« spam迷惑メール30周年 | トップページ | avocat:弁護士ゼロの地裁支部管轄区域は解消へ »

2008/05/08

アメリカの高市はSecond Lifeを標的に

アメリカでも青少年保護を理由にネット規制に乗り出すのは、政治家にとって魅力的な活動のようである。
CNET Japan:「学校や図書館ではSecond Life利用の禁止を」--米議会で新法案検討

Mark Kirk下院議員(共和党・イリノイ州選出)はセカンドライフの年齢チェックが甘いことに愕然としたとして、規制を強めて行くべしとの声明を発表した。

彼の下院議院サイトでのプレスリリースでは、セカンドライフだけでなく、その他のソーシャル・ネットワーキングサイトについても、Child predator(子供を食い物にする輩)や性犯罪者から子供たちを守るための連邦法が必要だと主張している。

特に、連邦通信委員会に対し、アドバイザリーボードを立ち上げてマイスペースなどのSNSの監視と報告をせよと要求しているところなど、ネット規制のいつものやり方という感じである。


|

« spam迷惑メール30周年 | トップページ | avocat:弁護士ゼロの地裁支部管轄区域は解消へ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/41132010

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの高市はSecond Lifeを標的に:

« spam迷惑メール30周年 | トップページ | avocat:弁護士ゼロの地裁支部管轄区域は解消へ »