« bankruptcy:自治体破産--アメリカの例 | トップページ | avocate:女性弁護士のためのライフプランニング »

2008/05/27

news:ストーカーに4度目の有罪

まさに超粘着だが、同じ相手に15年間、付きまとっている男が懲役9年の判決を宣告された。

毎日jp:ストーカー:4度の実刑 同じ元交際相手に15年


1993年頃から付きまとい、同じ女性に対する傷害、脅迫、ストーカー規制法違反などの罪で実刑判決を受け、服役し、今回出所後1ヶ月でまた女性やその姉の顔写真を印刷した中傷はがき計80枚を近隣住民や女性の親族に郵送したというのである。

裁判官曰く「15年に及ぶ嫌がらせは極限的に執拗だ」「(前回事件の)出所から1カ月しか経過していないのに、再び女性を狙った犯行は陰湿かつ悪質。平穏な生活や人生を奪われた女性の精神的損害は極めて大きい。反省の様子もなく、有利に考慮できる事情は全く見当たらない」

46歳のこの男、たとえ宣告通り服役したとしても、55歳でまた出てくるのだな。

このような場合、民法723条を極限まで押し進め、名誉を回復するのに適当な処分として犯人の自宅にあるすべての被害者関係データを捜索し、消去ないし廃棄することを命じてみてはどうか?
さすがに記憶から消し去ることはできなかろうから、限界はあるが。
(なお、以上は記事が正しいことを前提にしている。為念)

|

« bankruptcy:自治体破産--アメリカの例 | トップページ | avocate:女性弁護士のためのライフプランニング »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こういう事例を見ると、日本にも「三振アウト」法が必要かも知れないと考えてしまいますね。
現実に導入するとまず刑務所がパニックになりそうですが。

投稿: 通りすがり | 2008/05/31 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/41337120

この記事へのトラックバック一覧です: news:ストーカーに4度目の有罪:

« bankruptcy:自治体破産--アメリカの例 | トップページ | avocate:女性弁護士のためのライフプランニング »