« univ:立命館の苦労 | トップページ | arret:慣習の効力を認めた最高裁判決 »

2008/04/14

univ:国立大学の苦悩

なんて、甘えたことを言うなと言われそうだが。
asahi.com:国立大の「努力」で交付金上下 外部の評価もと

しかも、これってニュースなのかと思うような、当たり前の内容ではないか。

新ルールで配分に反映させるのは、文科省の国立大学法人評価委員会による、学部ごとの「教育や研究の水準」や大学全体の「業務運営の改善」についての評価結果。具体的な配分方法が決まるのは09年度だが、大学の努力が現在より配分額の増減につながるようになる。地方や文系単科という理由だけで不利になる配分にはしない見込みだ。

中教審の報告案も、教育内容に関してではあるが、同一内容に向いていた。

いよいよ、ロースクールで当然のことが学部にも押し寄せてくるか。あるいは、私大で当然のことが国立にも押し寄せてくるか。
そしてそれはすべてがよいことだとは言い難いとも思っているのだが。

|

« univ:立命館の苦労 | トップページ | arret:慣習の効力を認めた最高裁判決 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/40878248

この記事へのトラックバック一覧です: univ:国立大学の苦悩:

« univ:立命館の苦労 | トップページ | arret:慣習の効力を認めた最高裁判決 »