« TV:本田美奈子最期のボイスレター | トップページ | jugement:否認権行使による価額賠償の算定時期 »

2008/03/26

jugement:合併無効訴訟に処分権主義も弁論主義もない

名古屋地判平成19年11月21日(PDF判決全文)

吸収合併無効の訴えについて,処分権主義・弁論主義の適用が制限されるとされた事例である。具体的には、請求認諾が認められず、自白法則の適用も認められなかった。

---
会社の組織に関する関する訴えに係る請求を認容する確定判決は,第三者に対してもその効力を有する(会社法838条)。
かかる請求については,当事者が紛争を自主的に解決する権能(処分権主義及び弁論主義)が制限されていると解すべきであり,本件において,被告は,請求の認諾をなしえず,裁判上の自白も裁判所を拘束しない。
---

さて、では和解や請求の放棄はいかがであろうか?
調停もできないか?

|

« TV:本田美奈子最期のボイスレター | トップページ | jugement:否認権行使による価額賠償の算定時期 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/40638981

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:合併無効訴訟に処分権主義も弁論主義もない:

« TV:本田美奈子最期のボイスレター | トップページ | jugement:否認権行使による価額賠償の算定時期 »