« JLF10周年記念シンポ内部統制AtoZ | トップページ | 自民党携帯siteは有害認定! »

2008/03/15

オバマ氏が師事する牧師はamericaの良心

毎日jp:米大統領選:オバマ氏師事の牧師発言で波紋 9・11テロ
---
 牧師はイリノイ州シカゴのジェレミア・ライト師(66)。01年9月の同時多発テロ後、シカゴの教会で「我々(米国)は広島や長崎で、(同時多発テロで死傷した)数千人よりはるかに多数の人々に対して原爆を落とした」などと指摘。米国の反応について「海外で行ってきたことが自国で起きただけなのに怒っている」と述べた。
 さらに06年の講演では「我々(米国)は神の存在以上に白人の優越、黒人の劣位を信じている」と発言していたことも分かった。

文脈はいまいちよく分からないが、上記の限りでは当然のことを言っている勇気ある人物と思われる。

非戦闘員に対する無差別殺戮を繰り返して来た国(東京大空襲と二発の原爆投下を、日本人は忘れていないぞ)であり、21世紀になっても拷問が合法的に行われている国(拷問禁止法を大統領が拒否権で葬る国)なのだから、その国で上記のようなことをいえるのは大人物に違いない。

|

« JLF10周年記念シンポ内部統制AtoZ | トップページ | 自民党携帯siteは有害認定! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/40509087

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ氏が師事する牧師はamericaの良心:

« JLF10周年記念シンポ内部統制AtoZ | トップページ | 自民党携帯siteは有害認定! »