« Carla Bruniと結婚した仏大統領 | トップページ | Bankruptcy:在庫のアンティークピアノを一括売却 »

2008/02/03

free-speech:DV防止法講演会も威嚇で中止

asahi.com:DV防止講演会中止に上野千鶴子さんら抗議
見過ごしていたので旧聞となったが、つくばみらい市も高輪のプリンスホテル(正式名称は「グランドプリンスホテル新高輪」)並みのへたれである。

---
講演会は1月20日に予定され、DV被害者の支援団体・東京フェミニストセラピィセンター所長の平川和子さんがDV被害の支援活動の実態を話す予定だった。
(中略)
 抗議したのは「同法が家庭崩壊を助長している」などと主張する団体で、ネット上で市への抗議を呼びかけ、昨年12月下旬以降100通を超すメールや電話が届くようになった。1月16日には数人が市役所前で拡声機で抗議し、開催日の街宣活動を予告。市は「参加者に危険が及ぶ恐れがある」として中止を決めた。
---

そういうわけで、驚いたのは、ドメスティックバイオレンス防止法が家庭崩壊を助長するなどと真顔でいう人がいるということもさることながら、街宣活動を予告したことで「参加者に危険が及ぶ恐れがある」と判断した市の対応である。

もし、危険が及ぶ可能性のある活動が予想されるのなら、警察に威力業務妨害行為をすると予告されていることを通報して、警備を要請したり、実際に危険が及ぶ行為をする奴が出てくれば逮捕するように対応するということであろうに。

もちろん抗議対象となった東京フェミニストセラピーセンターや平川さんという人がどういう人かは存じ上げないのだが、そういうこととは別に街宣活動を予告されたへなへなと中止を決めるということでは、民暴勢力の良い餌食ということを自ら宣言しているようなものである。

|

« Carla Bruniと結婚した仏大統領 | トップページ | Bankruptcy:在庫のアンティークピアノを一括売却 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

あなたはDV法に対して無知なのでしょうか?それともフェミニストなのでしょうか?
DV保護法・・・。その名の通りDVから被害者を救い助ける、そんな法なら両手を挙げて賛成します。また、DVを行う加害者は厳重に罰して貰いたい。心からそう思います。
しかし、現状のDV法(改正されもっと悪くなった)はあくまでも女性が男性から暴力を受けた場合と言った限定、そして、ここが一番問題なのですが、女性による「嘘でも狂言でも、故意に計画して男性の財産を奪うのが目的」であっても許されるのです。女性からのDV被害の訴えに対し加害者側の調査は一切行いません。また男性側の反論や訴えは一切通りません。裁判でも99%敗訴します。
例えば「あ~ 旦那のこともう飽きちゃったなー ●●君の方がカッコいいしそっちと一緒になりたいなー でも旦那に離婚なんて言うとウザそうだしナー あっ DV法つかっちぇば、慰謝料も取れるし親権も取れるし財産も取れるしいいかも 全部国がやってくれるし楽チンだね」と女性が思えばその思惑通りに国が一方的に男性側の人権を蹂躙します。このような例は腐るほどあります。
まるで男性には女性からの恐怖政治、一切逆らえません
DVの規定は暴力だけでなく言葉(女性が気に入らない言葉なら何でもOK)も含み、証拠物などなにもいりません
DV法が正しい機能をしているなら強行手段をとるような団体が出るはずがありません。
このような不条理な魔女裁判のような法であるから反対勢力が出てくるのです。
日本で施行されているのが不思議なくらい共産圏的な法律です。現状を知ってください。

注(女性の方へ)、国からは女性にもシェルターの実情の説明はせずに入れますが、分かりやすく言うと「オウム真理教」のサティアンです。ホント軽い気持ちで行くと洗脳されますよ。
後悔する前にアドヴァイスです


投稿: taka | 2008/10/22 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/17943765

この記事へのトラックバック一覧です: free-speech:DV防止法講演会も威嚇で中止:

« Carla Bruniと結婚した仏大統領 | トップページ | Bankruptcy:在庫のアンティークピアノを一括売却 »