« free speechの収縮 | トップページ | matimulog:星野奈津子さん目当てで来るのはなぜ? »

2008/02/02

book:民訴コンメンタール

基本法コンメンタール 民事訴訟法 2 第3版―平成19年までの法改正に対応 (2) (別冊法学セミナー no. 194)
現行民事訴訟法のコンメンタールはいくつか種類があるが、一番手軽なのがこれだ。
このシリーズの3の第3版も、アマゾンにはまだ来ていないようだが既に発行されており、1の第3版だけが未完となっている。しかしそれも3月中にはできるという連絡を受けた。

ということで新年度には間に合いそうである。

ちなみに他のコンメータールとしては、以下のものがある。

このいずれも、総則に終わっている。もちろん続きが予定されているのだが、しばらく中断している。

他方、有斐閣の注釈新民事訴訟法は現在作成中である。

|

« free speechの収縮 | トップページ | matimulog:星野奈津子さん目当てで来るのはなぜ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/17926359

この記事へのトラックバック一覧です: book:民訴コンメンタール:

« free speechの収縮 | トップページ | matimulog:星野奈津子さん目当てで来るのはなぜ? »