« free-speech:DV防止法講演会も威嚇で中止 | トップページ | vote:言及するのもばかばかしい憲法論 »

2008/02/03

Bankruptcy:在庫のアンティークピアノを一括売却

毎日jp:ピアノ:倒産代理店から一括落札 超一級品散逸免れる

ピアノ輸入代理店「浜松ピアノセンター」が所有するアンティークピアノ21台を、さいたま市北区のピアノ小売業、名取孝浩さん(46)が1億円で一括落札したということで、散逸を免れ、さいたまの名取さんの店で公開されるという。

倒産して散逸の危機が生じたことは、このままくんカフェ老いた犬に芸は仕込めないというブログで紹介されていた。

浜松ピアノセンターが所蔵するピアノその他の展示会の記事もウェブページにあった。所蔵しているピアノの写真などもふんだんに現れている。

ちなみに、ウィキペディアの記事によると、日本ベーゼンドルファーという会社と浜松ピアノセンターとは同一の会社で自己破産だとのこと。このあたりを正確に知りたかったのだが、よく分からなかった。

|

« free-speech:DV防止法講演会も威嚇で中止 | トップページ | vote:言及するのもばかばかしい憲法論 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

わたしの知人がベーゼンドルファのコンサートグランドのあるスタジオを持っているのですが、非常に好きな音であります。

けっこうコンサートグランドとしては安いんですね。

投稿: 酔うぞ | 2008/02/03 22:32

ベーゼンドルファー本社の身売りの話は、随分前から話題になっていましたね。
ヤマハが買収したのじゃなかったかしら。
MIXIでも、話がでてしました。

以前に住んでいた町の会館にベーゼンドルファーがあったのと、隣町の山の中のとってもちいさくで素敵なホールにもベーゼンがありました。

いいですよ、ベーゼン。
私がさわった(弾いたのではない)のは、通常のピアノより限の数が多いので、低音の響きがとても特徴的でした。
素人(私)でも分かります。

投稿: さしみのつま | 2008/02/04 11:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/17943952

この記事へのトラックバック一覧です: Bankruptcy:在庫のアンティークピアノを一括売却:

« free-speech:DV防止法講演会も威嚇で中止 | トップページ | vote:言及するのもばかばかしい憲法論 »