« secret:公務員守秘義務の問題 | トップページ | book:中国の倒産制度と労働者保護 »

2008/01/29

virus作者も無防備に自宅からばらまく

asahi.com:自宅からウイルス流布  IPアドレスで特定←匿名化し、リンクを外した(2014.6.13)

容疑者は「原田ウイルス」や、その亜種で逮捕容疑となった「クラナドウイルス」などを作成。これらのウイルスを仕込んだファイルを、自宅の通信機器や回線を使ってウィニーのネットワークに流布し、06年から蔓延(まんえん)させていた疑いが持たれている。府警は数年前からウィニーで大量に出回っていたファイルの利用記録などをたどり、一番最初にウイルスを流した接続先のIPアドレスを特定した。

ウィルス作ってばらまくくらいのレベルの方々は、当然どこかのネットカフェとか野良無線LANとかつかって身元を隠そうとするものだと思っていたが、やはり「犯罪者は基本的に頭が悪い」という命題の裏付け例であった。

付記:容疑者名は匿名化したつもりだったが、見出し部分に残っていたのを見逃しており、ご本人より削除せよとの請求が来たので、削除することにした。
 不用意なプライバシー侵害についてお詫びする。

2014.6.13 町村泰貴

|

« secret:公務員守秘義務の問題 | トップページ | book:中国の倒産制度と労働者保護 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

頭の悪い犯罪者が捕まると言うだけの話で、Antinnyの作者とかは未だ捕まっていないわけです。

投稿: 小倉秀夫 | 2008/01/29 11:01

 P2Pネットワークの「匿名性を過信した◎◎者」の結果でしょうか?匿名のウイルス配布犯もIPアドレスのトレーシングで御用というわけで。
 電網恢恢疎にして漏らさずw

投稿: ハスカップ | 2008/01/29 12:37

日弁連のシンポで、「警察に捕まらない」という意味での匿名性は期待できないって言った翌日というのは皮肉だったりします。

投稿: Toshimitsu Dan | 2008/01/29 13:54

>小倉秀夫氏

 特定の犯人を「頭が悪い」とネットで公然と誹謗中傷するのはいかがなものかと思いますが。仮にも大学院まで行ってる人だし高度なプログラムを組める人なんだから、「頭が悪い」とは常識的にも考えられないし。

投稿: とおりすぎ | 2008/01/29 15:16

いやいや、先に頭が悪いと書いたのは私なのですが、勉強はできるけど頭は悪いというのか、頭はよいがバカというのか、とにかく基本的に「愚か」だと思いますね。

誹謗中傷だとしても、それ以外に表現しようがない。

投稿: 町村 | 2008/01/29 15:24

>小倉秀夫氏
>町村先生

 それでしたら「頭はいいんだろうが、犯跡隠滅でどこか抜けているというか脇が甘い」という程度の表現ではどうでしょうか。これなら誹謗中傷にならない程度のぼかした表現になるかと思います。
 なにせ、誹謗中傷には名誉毀損や侮辱で法的制裁を与えるべきと公言する弁護士がネットにいるので、なるべく萎縮した表現で穏当に表記するがいいと思うのですが。
 「頭が悪い」「臆病者」「愚か者」「卑怯者」「チ◎カス」等は、ネットではいただけないと思います。それが事実だったとしてもです。

投稿: とおりすぎ | 2008/01/29 17:10

ネットに限らず、穏当な表現に越したことはないですね。

でもまあ、犯罪者ってのは基本的に頭が悪い、というか逆に、基本的に頭が悪いからこそ犯罪者になると考えていますので、それは表現の自由ということで。

投稿: 町村 | 2008/01/29 17:39

>高度なプログラムを組める人
どうでもいい突っ込みですけど、ユーザに手動で実行させないと動かないウイルスはあんまり高度とは思えない……。

初心者でも一日で作成できます。それこそ何も考えずファイル削除実行するプログラムならそれでいいので。
あとはダウンロードしたくなる名前+スペース+.exeという、人まねのパターンです。

http://mainichi.jp/life/electronics/news/20080127ddm041040058000c.html
>「ウイルス対策ソフトには全く対応していない」と、性能を誇るような文章を書き込むなど

このレベルで、かつ犯罪行為で自己顕示欲満たされても頭が悪いとしか言いようが……そりゃ対応しないよ(笑)


ちなみに…
>P2Pネットワークの「匿名性を過信した◎◎者」の結果でしょうか?

これは面白いけど怖い。
http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20080127.html#p01

何らかのIDで、無関係のデータを関連付けて調査という…。

投稿: サスケット | 2008/01/30 01:03

>府警は数年前からウィニーで大量に出回っていたファイルの利用記録などをたどり、

府警はウィニーのログ(ファイルの利用記録?ってなんだろう)を大量に保有していて...


>一番最初にウイルスを流した接続先のIPアドレスを特定した。
 
 IPアドレスの特定までしたのでしょうか。
 どうやって特定したのか興味があったのですが、
 これはびっくりです。

投稿: wati | 2008/01/30 12:51

 相手との通信はP2Pの言葉通り1対1になりますから、亜種等含めて常時ネットワークを監視していれば、最初に放流を始めた相手先を突き止めるのはそれほど難しくはないかと思います。
 しかし、こういったウィルス等を流す場合はまったく無関係なPCをクラックして乗っ取り、そこから流すなど自分の正体を隠すのに懸命になるのが普通なのですが……コンピュータ犯罪にかぎらず、自己顕示欲の強い犯人は馬脚を現しやすいものなのですね、やはり

投稿: Z80A | 2008/01/30 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/17882518

この記事へのトラックバック一覧です: virus作者も無防備に自宅からばらまく:

« secret:公務員守秘義務の問題 | トップページ | book:中国の倒産制度と労働者保護 »