« Bankruptcy:楽天関連の特別清算 | トップページ | 仮処分より右翼が怖いhotel »

2008/01/31

trial:私的司法取引

暴行傷害犯が被害者と示談し、「100万円の示談金のうち30万円をまず払い、残額70万円は執行猶予判決が出たら払う」という条項で和解した。

これは有効か?

ボツネタ経由で知ったヤフーニュース:執行猶予で示談金残額支払い? 弁護士「話が違う」と憤慨

この中で被害者の供述調書では「残額も支払わなければ勘弁しない」となっており、これに弁護士が「話が違う」と怒っているという。

その通りだとすれば、要するに執行猶予判決を得るための情状として示談成立をアピールしたかった弁護人として、その訴求力が弱いといって怒るのは無理もない。
また、条件付き和解契約は原則として有効で、その停止条件が執行猶予付き判決がでることとなっているのも、違和感を感じないではないが、公序良俗違反とはいえないと思う。

違和感の源は、司法取引一般に対する違和感と共通するのだろうが、罪を認めて反省し、また他人に生じさせた損害を償ったということで与えられる執行猶予を、逆にそれが得られれば金を払うという取引に用いているところなのだろう。要するに、刑罰の軽重は、「反省」とか「陳謝」といった内心の誠実さによって左右されるべきであって、金銭取引により左右されるべきではないという法感情が、なんとなく落ち着き悪さを感じさせているのである。


|

« Bankruptcy:楽天関連の特別清算 | トップページ | 仮処分より右翼が怖いhotel »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/17907405

この記事へのトラックバック一覧です: trial:私的司法取引:

« Bankruptcy:楽天関連の特別清算 | トップページ | 仮処分より右翼が怖いhotel »