« arret:取引記録の文書提出命令 | トップページ | lawyer:市民による懲戒請求は煽動者にも向く »

2007/12/14

jugement:石原都知事のフランス語侮辱訴訟

東京地判平成19年12月14日
判決文全文の画像PDF

結論は請求棄却であった。

しかし、石原都知事も後先考えずに感情でものを言う人物だと言うことが、如実に現れている。

|

« arret:取引記録の文書提出命令 | トップページ | lawyer:市民による懲戒請求は煽動者にも向く »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

石原の人物像はともかく、法理論的にはどうなんですか?
原告の訴えは石原発言と結果との因果関係を考えると、かなり無理な主張に思えるのですが。

投稿: 質問者 | 2007/12/17 08:04

そりゃ、法理論的には誰だって他国の文化に無知蒙昧をさらけ出したり、偏見丸出しになったり、揚げ足取りみたいな皮相的なコメントをしたり、不適切な比喩をつかったりしても、少なくとも名誉毀損というレベルでは法的責任が生じるはずもありません。

だから請求棄却は当然だと思うし、裁判という場をいわば抗議行動に使うような今回の訴訟には、賛否があり得るでしょう。

でもまあ、この訴訟は都知事の発言の程度の低さを公にするという意味で重要だったわけで、そんな発言が判決文で認定されたということも、それなりの意味があったといえるでしょう。

投稿: 町村 | 2007/12/17 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/17368873

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:石原都知事のフランス語侮辱訴訟:

« arret:取引記録の文書提出命令 | トップページ | lawyer:市民による懲戒請求は煽動者にも向く »