« book:大コンメンタール破産法 | トップページ | 羽田にて »

2007/11/20

Pakistanムシャラフの振る舞い

アメリカが後押しし、日本の自衛隊がタダで給油していた国の独裁者のやり口は、やりたい放題である。

憲法の規定は知ったことではない。
憲法に基づいた最高裁判所の判断は力ずくで変えさせる。
反対派の政治指導者は逮捕監禁、アメリカがうるさいときだけ緩める。
反対派の弁護士も逮捕監禁。
反対派の住民デモは軍隊で弾圧。
銃口を国民に向けながら選挙を実施。
メディアは厳しく弾圧し、外国メディアの国内での受信はすべて禁止。

ところで、自民党が参議院で可決成立を目指している給油新法は、この独裁者の国の軍隊にも当然タダで給油することになっているのであろう?

|

« book:大コンメンタール破産法 | トップページ | 羽田にて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/17134132

この記事へのトラックバック一覧です: Pakistanムシャラフの振る舞い:

« book:大コンメンタール破産法 | トップページ | 羽田にて »