« arret:民訴勉強用-控訴審における訴えの取り下げ、交換的変更があった事例 | トップページ | book:天皇家誕生の謎 »

2007/10/02

russian権力から離れられない人のやること

nifty:プーチン露大統領、退任後に首相就任の可能性示唆(ロイター)

「これにはまず2つの条件を整える必要がある。統一ロシアが選挙で勝利し、わたしがチームとして働くために有能で現代的な人物が大統領に選出される必要がある」

ロシア語を日本語に翻訳すると、「私が院政を敷いて従ってもらえる人物を大統領に当選させる必要がある」

韓国などは二代前まで、辞めたら訴追され、山にこもったり懺悔させられたりする世界が待ち受けていたので、辞めるに辞められなかった。他にも、大統領在任中だからこそ塀の中に落ちないですんでいる存在が、アジアにも、その他の地域にも沢山いて、フランスでさえも、首相在任中の犯罪が辞めたとたんに訴追されるという事態を招いている。
辞めるに辞められない元首というのも、ロシアだけの現象ではない。

かといって、無責任に放り出せるクリーンさが望ましいかというと、そういうわけでもない。本人がいみじくも言っていたように、「職責」にしがみつかないというのは困ったものである。「職責」は全うしてもらわねば。

|

« arret:民訴勉強用-控訴審における訴えの取り下げ、交換的変更があった事例 | トップページ | book:天皇家誕生の謎 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16637596

この記事へのトラックバック一覧です: russian権力から離れられない人のやること:

« arret:民訴勉強用-控訴審における訴えの取り下げ、交換的変更があった事例 | トップページ | book:天皇家誕生の謎 »