« news公権力が言論の自由を抑えつけようとしている例 | トップページ | etcの強行突破96万件 »

2007/10/20

musique:アラベラ・美歩・シュタインバッハーと札幌交響楽団

仕事が三つほど山越えしたので、札幌交響楽団の定期演奏会に行ってきた。

ベートーベンのバイオリン協奏曲に、アラベラ・美歩・シュタインバッハーがソリストで、指揮はサー・ネビル・マリナーであった。

このコンサートについては、札響情報というサイトに詳しい紹介があるが、彼女は今売り出し中のバイオリニストで、実際すばらしいソロを聴かせてくれた。

後半のメンデルスゾーンのスコットランドという交響曲は、ホリルードの物悲しい雰囲気が伝わってくるそうだが、そういわれればそうかも、というところ。

|

« news公権力が言論の自由を抑えつけようとしている例 | トップページ | etcの強行突破96万件 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16813331

この記事へのトラックバック一覧です: musique:アラベラ・美歩・シュタインバッハーと札幌交響楽団:

« news公権力が言論の自由を抑えつけようとしている例 | トップページ | etcの強行突破96万件 »