« jugement:弁護過誤が認められないばかりか、その訴え提起が不法行為とされた事例 | トップページ | news:国選弁護報酬に成功報酬加算 »

2007/10/31

使えないkinko'sと使えるkinko's

急ぎの印刷製本があり、札幌のキンコーズに走っていった。

ところが、出てきた担当者は150部と聞いて途端に渋りだした。
曰く、今は納期の迫った作業があって対応できない。
曰く、今、コピー機が壊れていて、トナーが飛んでしまうので対応できない。メンテナンス中である。

第一の言明と第二の言明とは矛盾するのではないかという気配はみじんも感じられなかった。

すごすご研究室に引き上げて、西新宿店に電話すると、納期までに間に合うという。オンライン入稿も可能である。
考えてみれば、別に近くの店に行く必要は全くなく、しかも札幌店は24時間でもないので、納品時間も縛られるし、第一今回の製本済冊子は本州で使い始めるのだった。
余部を札幌に運べばよいのだ。

|

« jugement:弁護過誤が認められないばかりか、その訴え提起が不法行為とされた事例 | トップページ | news:国選弁護報酬に成功報酬加算 »

生活雑感」カテゴリの記事

コメント

まぁ、そうですか。
ともあれ、間に合うようで、よかったです。
取りに行きます。

投稿: さしみのつま | 2007/10/31 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16930400

この記事へのトラックバック一覧です: 使えないkinko'sと使えるkinko's:

« jugement:弁護過誤が認められないばかりか、その訴え提起が不法行為とされた事例 | トップページ | news:国選弁護報酬に成功報酬加算 »