« univ.京大教授の食い逃げ | トップページ | news:リンチ死、相撲部屋の次は宗教団体 »

2007/10/15

jugement:パワハラが自殺の原因と認められた例

Asahi.com:上司の暴言と自殺の因果関係認める 東京地裁判決

「お前は会社を食い物にしている。給料泥棒だ」
「存在が目障りだ。お願いだから消えてくれ」
「車のガソリン代がもったいない」
「どこへ飛ばされようと、おれはお前が仕事をしないやつだと言いふらしたる」

こんな暴言をまき散らす上司を放置していた会社は医薬品販売会社「日研化学」(現・興和創薬)

暴言だけでなく、相談に応じないなどのイジメをして自殺に追い込んだという訳だが、さて、昨今の子供はひどい陰湿なイジメをする、どうなってしまったのだとお嘆きの大人たち。子供は大人の鏡にすぎないという単純な事実を再確認すべきである。

|

« univ.京大教授の食い逃げ | トップページ | news:リンチ死、相撲部屋の次は宗教団体 »

ニュース」カテゴリの記事

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16772688

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:パワハラが自殺の原因と認められた例:

« univ.京大教授の食い逃げ | トップページ | news:リンチ死、相撲部屋の次は宗教団体 »