« Blog更新頻度や訪問者数 | トップページ | avocat:離婚・相続の当番弁護士 »

2007/09/29

univ:東大院博士課程はタダ

Nikkei:東大、博士課程の授業料「ゼロ」・頭脳流出歯止め狙う

従来奨学金や研究奨励金でカバーできていなかった人々にも、国庫から10億円で授業料の援助を手当てするとのこと。

海外の大学と優秀な学生の争奪戦をするというので、この挙に出たというわけだが、価格競争としても少々やり過ぎではないか?

|

« Blog更新頻度や訪問者数 | トップページ | avocat:離婚・相続の当番弁護士 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

>価格競争としても少々やり過ぎではないか?

 それで進学希望者が増えて、競争試験ができるようになれば、資質も高まるのではないでしょうか。
 今や、博士進学なんて無試験、無審査ですから。

投稿: Inoue | 2007/09/29 19:11

投資先としてはけっこう確実だろうと思いますけどね。

投稿: 酔うぞ | 2007/09/29 19:28

 大学院生が欲しているのは、学費免除ではなく、就職斡旋だと思うんですけどね。
 個別に情報集めて、アクセスするよりも、大学がまとめて「お見合い」させてくれた方が、ずっと楽でしょう。
 昔のように指導教授に就職斡旋を望めなくなったのだから、大学が関与する必要があります。

投稿: Inoue | 2007/10/01 02:27

これは学問分野によると思いますが、Readの情報とかJREC-inなどが一定の成果を納めています。
もちろんまだまだミスマッチが多いので、就職斡旋に力を入れる意味はあるのですが。

ただ、決定的にポスト以上の学生定員を設け、しかも欠員はマイナス評価がつくという状況では、改善がどれほど見込めるか疑問です。

投稿: 町村 | 2007/10/01 10:38


学費は大きかったので、ありがたいです。
日本の大学院は、社会人出身者向けの支援はほとんどないので。

あと、博士課程では、研究費の確保が非常に問題です。

投稿: ヱ | 2007/10/01 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/16608862

この記事へのトラックバック一覧です: univ:東大院博士課程はタダ:

« Blog更新頻度や訪問者数 | トップページ | avocat:離婚・相続の当番弁護士 »